Chinese
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

我が社のオフショアに対する理解

オフショア開発は日中相互で行なうソフト開発過程の一つで、真のオフショア開発は相互の信頼の基礎の上に完成されるものと思います。
1.顧客側が追求すること
ア)現有の能力を利用して業務範囲を拡大すること
イ)開発のリスクを分散させること
ウ)開発コストを更に低下させること
エ)日本のソフト開発人材が不足する中で、国外の人材を確保すること

2.オフショア側として顧客の要求に答える為に
ア)必要な基礎を作り上げる
  ■ 品質管理体系とその適切な運用
  ■ プロジェクトの進捗管理能力
  ■ セキュリティーに関するコントロール能力
  ■ コスト管理とそのコントロール
  ■ ソフト開発環境の確保

イ)開発ノウハウの定着化
  ■ 業務知識や開発技術、管理技術を再利用する
  ■ 開発体制の固定化専業化
  ■ 得意分野への集中化

ウ)開発規模の拡大
  ■ 同様な業務の量的拡大
  ■  開発工程の上流への拡大
  ■ 品質保証範囲の拡大

エ)発注側と受注側の一体化
  ■ 日中相互の積極的なコミニケーション
  ■ 日中相互の協力による一体化
  ■ 情報共有による一体化
  ■ 発注側受注側が同じ目的を共有することによる一体化

以上の各点を築くことに成功し、情報の共有化、業種別業務別の特化、定期的な評価、改善と進化を続ければ、ソフト開発における国外オフショアにおいて、発注側受注側のWin- Win関係を築くことができると確信致します。


 

© 北京北方新宇信息技術有限公司 All Rights Reserved 京ICP備05039700号 京公網安備110102000565号